基礎知識

消費者金融でキャッシングするときに必要な書類は何?

消費者金融でキャッシングするときに必要な書類をまとめました。いざキャッシングで申込をする際に必要書類が足りないと慌ててしまいますし、即日融資を受けるつもりなら審査までの時間が遅れると翌日の融資になってしまいます。

プロミスで必要な書類

プロミスのフリーキャッシングを申し込む場合は、「本人確認書類」が必要になります。
保証人や担保や印鑑は不要になります。
【本人確認書類】

運転免許証を持っていない方は、パスポートか健康保険証と他に1点(例:住民票)が必要となります。
ただし、健康保険証と他に1点(例:住民票)が必要になるのは来店による契約と場合です。

【収入証明書類】
収入証明書が必要になる場合は下記の場合になります。
・ご希望のお借入額が50万円を超える場合
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合

上記に該当する場合は下記の書類を1点用意するようにしましょう。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書が必要になります。
※本人確認書類については有効期限内のものが必要になります。

SMBCモビットで必要な書類

SMBCモビットに申し込む場合は「本人確認書類」と現在の収入を証明できる「収入証明書類」を送付する必要があります。
【本人確認書類】

本人が確認できる書類として運転免許証の写しが必要で、持っていない場合は健康保険証またはパスポートのいずれかの写しが必要。
【収入証明書類】
収入を証明する書類は下記の中から提出する必要がある場合があります。
・源泉徴収票の写し
・税額通知の写し
・所得証明書の写し
・確定申告書の写し
・給与明細書の写し
※給与明細書は直近の2ヶ月分が必要
また賞与がある方は年間の賞与額が確認できるものも必要です。

アコムで必要な書類

アコムに申し込む場合は「本人確認書類」と借入金額により「収入証明書類」が必要になります。
【本人確認書類】

運転免許証の交付をされていない場合は、パスポートか個人番号が必要です。
※書類の住所が現住所と異なる場合は、下記の書類で6ヶ月以内のものが必要です。
・健康保険証(表・裏)
・住民票(本籍地、マイナンバー、住民票コードがないもの)
・公共料金の「領収書」(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHK)
・納税証明書

顔写真付きの本人書類がない場合は、下記の書類で6ヶ月以内のものが必要です。
健康保険証(表・裏)と現在お住まいの住所が記載された以下のいずれかの書類をあわせてご用意ください。
・健康保険証(表・裏)
・住民票(本籍地、マイナンバー、住民票コードがないもの)
・公共料金の「領収書」(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHK)
・納税証明書

【収入証明書類】
以下に該当するお客さまは収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要です。

アコムを利用する際に50万円を超えるご契約を行う方
他社を含めた借入総額が100万円を超える方

必要書類はあらかじめ用意しておく

消費者金融ごとの必要書類を確認して申し込む前に用意しておくとスムーズに審査を受けられるようになります。即日にキャッシングをするなら審査までの時間がポイントになりますので、不備の内容にここでチャックしておきましょう。